著者:アサジョサローネ家庭用脱毛器研究所 2022年6月6日更新

カテゴリー安い家庭用脱毛器

安いだけではない!コスパがいいメンズにおすすめの家庭用脱毛器6選!

アサジョサローネ編集部

アップロード日2021/10/20

メンズの方で
「脱毛に興味はあるけれど、知識もないし人に相談するのが恥ずかしい…」
という方も多いことでしょう。


こちらの記事では自宅で気軽にできる男性におすすめの家庭用脱毛器を中心にご紹介していきます。

比較的安いけれど効果が見込める家庭用脱毛器などもご紹介していきます。


あなたにあった家庭用脱毛器を見つけるお手伝いができれば幸いです。

◎メンズにおすすめの安くてコスパの良い家庭用脱毛器の選び方

ポイント【1】:自宅でムダ毛処理ができるおすすめの方法とは?

自宅で機器を使用してムダ毛処理ができる方式は下記の通りです。

タイプ方式 特徴
フラッシュ式 ・脱毛サロンと同方式
・毛が濃いメラニン色素に働きかけ、毛根にアプローチする方式
・照射が広範囲&スピーディー
・初心者におすすめ
・太く濃い毛によく反応する
・レーザー式よりも痛みが弱い
レーザー式 ・医療脱毛と同方式
・レーザー照射により毛根の発毛組織(毛乳頭・毛母細胞)に働きかける方式
・照射範囲が狭く、ピンポイントの照射におすすめ
・細く薄い毛にも反応できる
・フラッシュ式よりも痛みが強い
サーミコン式(熱線式) ・内蔵された熱線の熱で生えている毛を焼き切る方法
・処理後はチクチクを感じにくい
ローラー式 ・生えている毛をローラーで挟み込んで毛根から抜き取る方法

一時的なムダ毛ケア効果ではなく、自己処理の回数を減らすことができ、すべすべ肌を手に入れることができるのが「フラッシュ式」と「レーザー式」の家庭用脱毛器です。

いずれも、光の照射によってムダ毛ケアができる光美容器とも呼ばれています。

家庭用脱毛器のほとんどが「フラッシュ式」を取り入れているのが現状ですが、稀に「レーザー式」のものも存在します。

男性は毛が太く濃いため、部位や毛質によっては照射が反応しやすく痛みが強く生じる可能性があります。

部分的な照射ではなく、全身の照射を希望する方や初心者の方、痛みが気になる方には「フラッシュ式」の家庭用脱毛器がおすすめです。

ポイント【2】:照射したい部位への使用が可能な家庭用脱毛器かチェック!

家庭用脱毛器は商品によって照射できる範囲が限定されており、全身への照射が可能と掲げている商品でも一部のパーツが照射できないことが多々あります。

よってあなたがケアしたいと考える部位や具体的なパーツが照射できる家庭用脱毛器かどうかを購入前に必ずチェックしておく必要があります。

特にメンズに人気の部位である「ヒゲ(顔)」「VIO」は剛毛で、皮膚が薄くデリケートであることから、セルフケアでの痛みや肌トラブルのリスクが他部位よりも高く、照射できる範囲が限定されていることがほとんどです。

普段お肌のケアに関心がない男性の方であっても、家庭用脱毛器の使用前後のケアを意識的にしっかり行う必要があります。

ポイント【3】:安いだけでは危険!「コスパが良いかどうか」をチェック!

家庭用脱毛器を選ぶにあたり、本体価格が安いことを一番重視して選ぶことはおすすめしません。

よくわからないメーカーが出している破格の家庭用脱毛器はそもそも安全面のリスクがある可能性があります。

加えて本体価格が安くとも、万が一の際の無料保証や返金保証があるかないか、またカートリッジのみの交換式か本体交換式かなど、長期使用にあたってのコストが大きく変わってくる可能性があります。

よって総合的なコストパフォーマンスをはかるために、下記項目について事前にチェックしておくことをおすすめします。

  • 「照射面積」
  • 「照射可能回数」
  • 「無料保証や返金保証の有無」

あなたがムダ毛処理したい部位が一部なのか広範囲にわたるのかで、求める家庭用脱毛器は変わってきますが、濃く毛量が多いメンズの毛質を考慮し、「照射回数」が多いものを選ぶようにしてください。

ポイント【4】:「出力段階機能」や「その他の機能面」をチェック!

レーザー式よりフラッシュ式の家庭用脱毛器の方が痛みが弱いと前述にてお話ししましたが、いずれの脱毛方式であっても照射部位によっては痛みが生じる可能性はあります。

よって照射部位やその日の肌のコンディションによって出力機能を細かく調整できるに越したことがありません。

特に敏感肌の方や痛みが気になる方にはフラッシュ式で出力調整機能の段階数が多い家庭用脱毛器がおすすめです。

また出力調整機能の他に、商品によっては冷却機能や美肌機能が備えつけの家庭用脱毛器や、専用カートリッジを付けることができるものもあります。

メンズ向きの家庭用脱毛器の特徴としても多い、「ヒゲ専用のカートリッジや機能」が備わっているものや、「顔にも使用できる冷却機能」が備わっているものがおすすめです。

◎安いだけではない!メンズにおすすめの家庭用脱毛器6選

メンズにおすすめの「フラッシュ式」家庭用脱毛器

【1】ケノン

〈メンズにおすすめポイント〉

  • ケノンユーザーの約4割がメンズ
  • 太くて濃いヒゲ用カートリッジがある
  • 最大300万回の照射回数と10段階もの出力調整機能
  • 美顔ケア専用カートリッジもある
本体価格 69,800円
照射範囲 全身+VIO+顔全体
ヒゲへの適用可否
出力段階数 10段階
照射可能回数 最大:300万回(レベル1:300万回 レベル10:50万回)
照射面積 スーパープレミアムカートリッジ:7㎠
エクストララージカートリッジ:9.25㎠
使用頻度 2週間に1回
1ショットあたりの単価 0.02円
電源方式 カートリッジ交換式
本体保証 最大1年6ヶ月
メーカー 株式会社エムテック

【2】レイボーテメンズフラッシュZERO

〈メンズにおすすめポイント〉

  • 男性のムダ毛ケア専用に開発された最適な脱毛器
  • ヤーマン独自のスキンケア効果あり
  • 部位によってピンポイント照射と広範囲の照射の使い分けができる
  • サロン級のクオリティーのフラッシュランプ
本体価格 49,500円
照射範囲 全身+Vのみ推奨+顔全体
ヒゲへの適用可否
出力段階数 5段階
照射可能回数 無制限 ※ランプ交換:20万回
照射面積 ローラーヘッド:8.4㎠ ヒゲヘッド:2.6㎠
使用頻度 2週間に1回 ※ヒゲは3日に1〜2回
1ショットあたりの単価 0.04円
電源方式 カートリッジ交換式
本体保証 最大1年
メーカー ヤーマン株式会社

【3】脱毛ラボホームエディション

〈メンズにおすすめポイント〉

  • 脱毛サロン「脱毛ラボ」が考案
  • サロン同様の12Jものハイパワーな家庭用脱毛器
  • 髭にもVIOにも使用できる
  • 冷却機能付で、濃く剛毛な髭のケアにも最適
本体価格 71,478円
照射範囲 全身+VIO+顔全体
ヒゲへの適用可否
出力段階数 5段階
照射可能回数 30万回
照射面積 4.8㎠
使用頻度 2〜8週間に1回
1ショットあたりの単価 0.23円
電源方式 コンセント式
本体保証 1年
メーカー 株式会社セドナエンタープライズ

【4】PHILIPS ルメア プレステージ BRI948 / 70

〈メンズにおすすめポイント〉

  • 皮膚科医との共同開発により生まれた光美容器
  • 顔用のアタッチメント付きで、髭も可能
  • セーフティーシステムが内蔵されているため誤照射を防止できる
本体価格 69,850円
照射範囲 全身+Vのみ可+顔全体(目元から下可)
ヒゲへの適用可否
出力段階数 5段階
照射可能回数 約25万回
照射面積 カラダ:4.1㎠ ビキニ&ワキ:3.0㎠ 顔:2.0㎠ 
使用頻度 2週間に1回
1ショットあたりの単価 0.254円
電源方式 交流式
本体保証 2年(グローバル本体保証)
メーカー PHILIPS

【5】BRAUN シルクエキスパートPro5 PL5117

〈メンズにおすすめポイント〉

  • 最大6J/㎠の照射×照射間隔0.5秒でスピーディーな処理が可能
  • コンパクトなヘッドの付属があるため、細かい部分の照射にも適切
  • 肌の色を自動で判断し、照射出力を自動調整(10段階)してくれる
本体価格 Amazon:42,135円 ※公式サイトがAmazon推奨
照射範囲 全身+Vのみ可+顔全体(鎖骨から下可)
ヒゲへの適用可否
出力段階数 10段階(自動調節機能)
照射可能回数 40万回
照射面積
使用頻度 1週間に1回
1ショットあたりの単価 0.12円
電源方式 交流式
本体保証 1年
メーカー BRAUN

★メンズにおすすめの「レーザー式」家庭用脱毛器

【1】トリア

〈メンズにおすすめポイント〉

  • 数少ないレーザー式(ダイオードレーザー)の家庭用脱毛器
  • ユーザーの約3割が男性
  • 最大22J/㎠の照射パワーでのムダ毛ケアが可能であり、効果がかなり高い
  • 剛毛により反応するレーザー照射で、髭のムダ毛ケアに最適(ただし痛みが生じる可能性が高いためしっかりとケアが必要)
本体価格 40,530円
照射範囲 全身+Vのみ可+顔全体
ヒゲへの適用可否
出力段階数 5段階
照射可能回数
照射面積 1.0㎠
使用頻度 2週間に1回
1ショットあたりの単価 0.16円
電源方式 コンセント式
本体保証 2年(公式サイトのみ)※30日間全額返金保証有り
メーカー TRIA Beauty,Inc

◎【まとめ】

メンズであっても家庭用脱毛器の選び方のポイントは女性の場合と同様です。

1点気をつけることとしては、「男性と女性とではムダ毛の質と量が異なる」点です。

個人差はあるものの、女性のムダ毛に比べて男性のムダ毛は剛毛です。

よって髭などの剛毛な毛質にも効果と安全性がある家庭用脱毛器を選ぶ必要があります。

数多くある家庭用脱毛器には男女兼用可能なものと、女性のみの使用が推奨されておりメンズ脱毛には向かないとされる家庭用脱毛器もあります。

脱毛費用を抑えようと家庭用脱毛器の使用を検討している方は、本体価格に目が行きがちですが、「脱毛機器としてのパフォーマンスが良さそうかどうか」、「メンズであるあなたの求める部位への照射に適切な家庭用脱毛器」かを見極めましょう。

また家庭用脱毛器の選び方が重要であることに加え、メンズであっても家庭用脱毛器の使用期間中には入念なスキンケアが必須です。

太く濃い毛の処理には痛みが生じやすく、スキンケアを怠ると肌トラブルを引き起こす可能性があります。

日頃スキンケアにあまり気を配っていない方でも、家庭用脱毛器の使用期間中は「適宜の冷却」や「入念な保湿」が必須となります。

肌荒れやニキビ、剃刀負けなど、肌に少しでも異常がある場合は、無理せず家庭用脱毛器の使用を避けましょう。

こちらの記事でご紹介したメンズにおすすめの家庭用脱毛器などを視野にいれながら、日々の快適さを実感してください。

「メンズの脱毛やムダ毛ケアに興味があるけれど恥ずかしい…」と思っているあなたも、使用を継続的に繰り返した先に、メンズの友人にも家庭用脱毛器の使用をおすすめしたくなることでしょう。

page top