著者:アサジョサローネ家庭用脱毛器研究所 2022年6月6日更新

カテゴリーVIOに使える家庭用脱毛器

VIO対応の家庭用脱毛器おすすめ9選!効果的なやり方や注意点も解説

アサジョサローネ編集部

アップロード日2022/03/02

昨今、女性に限らず男女共に興味関心が強くなってきているのがVIOのムダ毛ケアです。

VIOのムダ毛ケアを自己処理したい方には家庭用脱毛器がおすすめです。

しかしながらデリケートなVIOゾーンへの脱毛器の使用を不安視する方も少なくないことでしょう。

そんなあなたに向けて、家庭用脱毛器を用いたVIOのムダ毛ケアの効果、正しい使い方、脱毛器の選び方などVIOと家庭用脱毛器にまつわるあれこれを根掘り葉掘りお話ししていきたいと思います!

時間や金銭面でサロンやクリニックに通うことができない方、VIOに適した家庭用脱毛器の選び方に悩んでいる方などは是非参考にしてみてください。

【注意】家庭用脱毛器では、VIOの照射範囲が限定されている可能性あり?

VIOのムダ毛ケアを目的とした家庭用脱毛器選の購入に際して、注意すべきことは、「照射対応パーツが限定されているかどうか」という点です。

一般的に、家庭用脱毛器は大まかに全身のムダ毛ケアができるとしている商品が数多くあります。

しかしながら、厳密には商品によって照射対象部位や照射対象パーツが細かく限定されていることがほとんどです。

全身の中でもとりわけデリケートで自己処理しづらい箇所でもあるVIOは、安全面を配慮したうえで照射対象パーツが限定されている家庭用脱毛器も少なくありません。

最近の家庭用脱毛器では、Vラインについては照射対象パーツとしているものがほとんどというくらい多くありますが、Iライン・Oラインについては脱毛器によって照射対象範囲として除外されていることは珍しくありません。

よくあるVIOの照射対象パターンとしては、

  • 「VIO」すべてを照射対象している脱毛器
  • 「VI」のみに対応している脱毛器
  • 「V」のみに対応している脱毛器

の3パターンです。

加えて、一般的な家庭用脱毛器に共通して「粘膜」への照射は禁止されているので、使用時にはくれぐれもお気をつけください。

VIOに限らず、家庭用脱毛器の購入に際しては、照射対象として除外されている部位・パーツを把握したうえで、あなたがムダ毛ケアしたいと考える箇所にも安心して使用ができる脱毛器かどうかを、まず第一にチェックする必要があります。

照射対象部位・パーツを確認せず、なんとなく全身に使用した結果、照射対応部位以外へ家庭用脱毛器を使用したことが原因で肌トラブルを引き起こすことがないように、購入前からしっかり確認しておきましょう。

家庭用脱毛器を用いたVIOのムダ毛ケアの目的&期待できる効果とは?

VIOに限らず家庭用脱毛器によるムダ毛ケアでは、照射回数を重ねることでムダ毛が目立ちにくくなり、やがて自己処理の頻度を減らすことができます。

とはいえ、サロン脱毛や医療脱毛で使用している脱毛機ほどの照射パワーはなく、ムダ毛ケア・脱毛としての同じ高さの効果を得ることはできません。

家庭用脱毛器を用いて、VIOへの照射回数を重ねることで具体的に期待できることとしては、下記の通りです。

【期待できること】

  • ムダ毛が目立ちにくくなることで、ムレや痒みの抑制・防止に繋がる
  • ムダ毛が目立ちにくくなるため肌のトーンが明るくなる
  • 日々の自己処理の回数が徐々に減る
  • 自己処理の頻度が減っていくことで、自己処理による肌へのダメージが軽減される

など

上記のことからVIOはムダ毛ケアとしても人気が高く、まずは家庭用脱毛器を用いてセルフケアを行った後に、脱毛サロンや医療脱毛クリニックで本格的なムダ毛ケア・脱毛をする方も多いようです。

家庭用脱毛器を用いたVIOへの正しい使い方や工夫をお話ししたいとおもいます。

VIOに適した家庭用脱毛器の選び方

デリケートなVIOに使用する家庭用脱毛器選びはかなり重要です。

効果的&あなたに合った家庭用脱毛器を手にできるよう選び方のポイントを一緒に確認していきましょう!

(1):まずは知っておくべき2つのタイプ

家庭用脱毛器は光美容器とも呼ばれ、「フラッシュ式」・「レーザー式」の2つのタイプに分けられそれぞれに特徴があります。

家庭用脱毛器(光美容器)の2つのタイプ

フラッシュ式の脱毛器 レーザー式の脱毛器
・フラッシュ照射により、毛根にアプローチし、ムダ毛を目立たせなくする効果あり
・照射面積が広く、スピーディーな処理ができる
・レーザー照射により、発毛組織にアプローチし、ムダ毛を目立たせなくする効果あり(※フラッシュ式よりムダ毛ケアとしての効果が高い)
・照射面積が狭く、処理に時間を要するが狭いパーツなどへの細やかな処理が得意

上記で挙げた2つのタイプがあることを前提に、数ある脱毛器の中からあなたに合った家庭用脱毛器を選ぶ必要があります。

とはいえ、現状はほとんどの家庭用脱毛器がフラッシュ式であり、レーザー式の家庭用脱毛器は非常に稀です。

あなたがVIOのムダ毛ケアにおいて重要視するポイントはなにかをよく考えてみてくださいね。

(2):出力調整機能が細分化されている家庭用脱毛器を選ぶ

多くの家庭用脱毛器には、適宜照射パワーを調整できる出力調整機能が備わっています。

とりわけ皮膚が薄く、毛量のあるデリケートなVIOは、照射により痛みを伴いやすい部位の1つであり、痛みには個人差があるものの、VIOには少なくとも痛みが生じる可能性が高いことを考慮した家庭用脱毛器選びが大切です。

そのため出力調整機能が付いているだけでなく、細分化されており、あなたの肌の特性やコンディションに合った照射パワーで無理なく照射ができる家庭用脱毛器がおすすめです。

細分化された出力調整機能を適切に活用することで、肌トラブルを引き起こすことなく順調にムダ毛ケアを進めていくことができます。

また照射パワーに強弱をつけることで結果的にランニングコストの削減にも繋がります。

(3):デリケートなVIOに適した機能やアタッチメントのある家庭用脱毛器を選ぶ

VIOにおけるムダ毛ケアで気をつけるべき点は大きく下記2点です。

  • 照射による痛みを伴いやすい
  • 自己処理しづらい箇所で、幅が狭い

痛みが気になる方やは照射前後共に冷却をしておくで痛みを抑制できるとされていることから、家庭用脱毛器に「冷却機能」が内臓されていると使い勝手が良いと感じることでしょう。(冷えたタオルや保冷剤でも代用は可能です。)

また、VIOは自己処理しづらい箇所であるうえに幅が狭く、特に照射面積が広いフラッシュ式の家庭用脱毛器の場合には照射がまばらになってしまうことが懸念されます。

よって「VIO専用のアタッチメント」や「VIO専用カートリッジ」など、照射部位によって使い分けができる家庭用脱毛器がおすすめです。

そして家庭用脱毛器を選びに際しては、VIOへの使用に限らず、家庭用脱毛器の購入を検討している多くの方が予算を設定していることでしょう。

そこで本体価格における費用だけではなく、下記情報を考慮したうえで、ランニングコストを認識することも大切です。

  • 照射口面積
  • 照射パワー
  • 照射可能回数
  • 電源方式
  • カートリッジ交換式かどうか
  • 保証の有無や期間、内容 など

家庭用脱毛器は長期的に使用するものです。

ランニングコストの良し悪しを一定比較したうえで、あなたに合った脱毛器を選ぶことができれば。それだけ自己投資としての満足度も高くなることでしょう。

VIOのムダ毛ケアに適した家庭用脱毛器の正しい使い方は?

デリケートなVIOのムダ毛ケアの効果を順調に得るためには、家庭用脱毛器を正しく使用し、しっかりと肌のアフターケアを行うことが大切です。

VIOに適した家庭用脱毛器の正しい使い方を一緒に確認していきましょう。

家庭用脱毛器によるVIOのムダ毛ケアの正しい手順・方法

手順(1)VIOへの照射をはじめる前に、他部位にてテスト照射しよう

VIOは毛量が多いことから照射がよく反応しやすいうえに、皮膚が薄いことから肌のコンディションや脱毛器によっては痛みが強く生じる場合があります。

よって家庭用脱毛器でVIOのムダ毛ケアをはじめる前に、VIOと同じく皮膚が薄い腕・脚へテスト照射を行いましょう。

照射レベルを一定段階調整できる脱毛器であれば、特にはじめのうちは、最弱の照射パワーで試していくようにしましょう。

手順(2)VIOのムダ毛を事前にシェーバーで剃っておく(形を整える)

家庭用脱毛器は光美容器とも呼ばれ、毛が剛毛で濃いメラニン色素により強く反応する光照射を重ねることで、ムダ毛ケアとしての効果を発揮します。

全身の中でもとりわけVIOの毛は太く濃いゾーンです。

剛毛なVIOの毛を生やしたまま脱毛器による照射を繰り返すと、痛みが生じるだけではなく、ひどく炎症をおこしてしまったりと肌トラブルを引き起こす可能性があります。

処理の手間を省きたいがゆえに、事前のシェービングを省くことがないようにしてください。

手順(3)VIOへの照射前の短時間の冷却で痛みの防止・抑制につなげる

VIOは全身の中でも痛みが生じやすい部位であるとお伝えしましたが、照射前に10秒程度冷却しておくことで炎症を和らげ痛みを抑制することに繋がります。

家庭用脱毛器によっては、冷却機能が内臓されているものもありますが、冷却機能が備わっていない脱毛器であっても、保冷剤などで代用できるため心配する必要はありません。

手順(4)テスト照射した出力レベルでVIOへの照射をはじめる

VIOと同じ用に皮膚が薄い腕や脚へのテスト照射の結果、特に心配事がなければ、テスト照射時と同照射レベルでVIOへの照射をスタートさせましょう。

痛みや赤みの程度などの皮膚の状態をチェックしながら、無理なく照射をすすめていきましょう。

手順(5)VIOへの照射後すぐの冷却&保湿、日々の入念な肌ケアがマスト

  • 照射後の「冷却」

照射前の冷却とは別に、照射後の赤みや痛みがひどい場合には短時間の冷却を行いましょう。

  • 照射後、照射期間中の入念な「保湿」

照射による肌ダメージを受けやすいVIOのムダ毛ケアには、アフターケアとしても保湿がマストです。

例え照射後すぐに異常がなくとも、一時的に照射による肌ダメージを受けていることから、肌荒れや肌トラブルを後々引き起こす可能性があるためアフターケアが大切です。

家庭用脱毛器の使用期間中は照射部位の日々の保湿を入念に行うようにしましょう。

VIOにおすすめの家庭用脱毛器9選

VIOすべてに対応している家庭用脱毛器としておすすめの脱毛器

  • 「ケノン | エムテック」
  • 「脱毛ラボ ホームエディション 」
  • 「SSCエピフォトスキンケアプロ | ミュゼ」
  • 「LAVIE(ラヴィ)」
  • 「レイボーテヴィーナス | ヤーマン」
  • 「光エステES−WP97|パナソニック」

Vラインのみに対応している家庭用脱毛器としておすすめの脱毛器

  • 「シルク・エキスパートpro5 PL-5117|ブラウン」
  • 「スムーズスキン pure fit」
  • 「パーソナルレーザー脱毛器4X |トリア」

上記でご紹介した中で、「トリア」が唯一のレーザー式の脱毛器であり、他は全てフラッシュ式の脱毛器です。

さいごに

いかがでしたか?

家庭用脱毛器をデリケートなVIOへ使用することへの不安や疑問を少しでも解消することはできましたか?

VIOに限らず、脱毛器によるムダ毛ケアで大切なことは大きく下記の通りです。

  • あなたに合った&部位の特性に合った脱毛器を選ぶこと
  • 照射部位の特性を知ったうえで最適な使い方をすること

サロンやクリニックにムダ毛ケア・脱毛ほどの照射パワーが家庭用脱毛器にはありませんが、照射を重ねていくうちに少しずつ自己処理の回数を減らしていくことができます。

自分のタイミングで自宅で使用できる家庭用脱毛器を正しく使用し、日々の快適さを実感してくださいね!

「きれいになる脱毛器 byアサジョサローネ」編集部のVIO脱毛器関連おすすめ記事

page top